ヘルニアによる手足の痺れ・痛みの改善専門の整体

腰痛で足が痺れる場合の改善方法

本日のテーマは

腰痛で足が痺れる症状の改善ポイント

と言うお話しです。

 

お尻から痺れが出ている状態だと
どうしても坐骨神経痛と
ひとくくりにされがちです。

でも実際には痛みや痺れが
坐骨神経以外の神経によって
引き起こされている場合があります。

その場合はもちろん
坐骨神経痛とは違うアプローチを
しないと改善しないわけです。

もしあなたがヘルニアと
診断されているとして
果たしてその痛みや痺れは
本当に坐骨神経などの圧迫による
坐骨神経痛なのでしょうか?

もしあなたの思い込みが
完全に間違っているとしたら
どうしますか?

不安を払拭したい方は動画をチェック。
↓↓

 

ここからは動画ではなく、文章で読みたい方のために。
↓動画の概要を文字起こししたものを掲載します。

大久保整体院の大久保です。
本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

今日は腰が痛くて足が痺れる方についてお話したいと思います。
腰が痛い時に足が痺れる方がいますが、今回はお辞儀した時に足が痺れるというパターンについてお話をしたいと思います。

ヘルニアとは違う原因の足の痺れがある?

腰痛やヘルニアがあったり坐骨神経痛と言われるような症状でお辞儀すると足が痛い、もしくは痺れが出るという方がいます。

そこの場所とは違う場所が足が痺れるっていうのが出たりする場合があるのでそういったものをお話したいと思います。

お辞儀をして、お尻の辺りから腿の裏が痺れる人もいれば中には、
お尻の裏の方ではなくてどちらかというと腿の内側の辺りから下の方へ痺れや痛みが出る方がいます。

この場合は、よくある坐骨神経痛の痛みではありません。
詳しくチェックをしてもらっていないと腿から足の方へただ痺れが出ているという情報だけだと、勘違いして坐骨神経痛だと思われてる方もいますが、実際には坐骨神経痛とは違う神経の圧迫によって痛みや痺れが出るパターンがあるんです。

坐骨神経痛とは違うの足の痺れとは

最近もそんな方がいらしたんですけど、梨状筋からのいわゆる坐骨神経ではなくて、閉鎖神経という神経からの痺れがある方も中にはいるのです。その閉鎖神経というのは骨盤の閉鎖孔という空間から足の方へ伸びています。

そこを調整をすると、お辞儀をしても痛みや痺れが無くなったという方がいます。
なので、なんでもかんでも足の痺れや痛みというの坐骨神経痛という訳ではないのです。
もし、あなたが坐骨神経痛の治療を受けていて一向に治らない場合、坐骨神経が原因ではない場合があり、違う神経への調整で改善のされることもあるのです。

そういった専門的な調整が必要な場合、痺れがあるところや痛いところをいくらマッサージしたりほぐしても改善されないので注意してください。こういった事を知っておいてもらうと、あなたの症状の解決の糸口になるかもしれません。

では本日はここまでで終わりたいと思います。
本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

腰痛でお困りの方はこちらのページへ


ここからトップページへ

 

Copyright © 2014 安城の大久保整体院 All Rights Reserved.

上へ戻る

24時間受付
1分簡単ネット予約
電話で予約する
0566-93-3983
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。