ヘルニアによる手足の痺れ・痛みの改善専門の整体

階段で痛い膝痛の改善方法

本日のテーマは

階段の上り下りで痛い膝痛の改善方法


と言うお話しです。

膝の痛みがあると日常生活の中でも
特に階段の上り下りが大変と言う話は
よく聞きます。

じゃあその階段を登ったり降りたりする時に
膝にはどんな問題があって痛みが
出てしまっているんでしょうか。

あなたの膝も同じ状態を持っているかもしれませんね。
どんな状態があるのか知りたい方は動画をチェック。
↓↓

ここからは動画ではなく、文章で読みたい方のために。
↓動画の概要を文字起こししたものを掲載します。

階段で痛い膝の痛みを解決

大久保整体院の大久保です。
本日も動画をご覧いただきありがとうございます。

今日は膝についてのお話をしたいと思います。
最近来られた患者さんで階段の上り下りで膝が痛むということで来られた方がいて、その方の膝の状態をみました。

↑黄色の丸で囲っている部分が半月板のあるところ。
今回はここの関節が硬くなっていて、動きが悪かった。

チェックをしたのは、膝の関節に本来あるはずの関節の遊びというのを検査したんですが、
動かしてみると、膝の内側の半月板の動きチェックすると動かなくて固まってる感じでした。

膝の内側の関節を調整

膝の関節には、内側の軸と外側の軸というのがあるんですが、外側の関節の動きをチェックすると動くんです。
でも内側の関節の方は動きが悪いんだというのが検査するとわかったので、骨が関節の中をしっかりうまく滑れるように関節の動きを調整しました。

膝の関節の遊びが回復

調整をするとどうなるか。
本来だと、膝の関節にわずかな遊びがあるんですけど、この遊びももちろん回復します。
そして、本来膝を伸ばした状態でちょっとだけ上にあげようとすると、そこもほんの少し遊びがあるんですけど、施術前だとこの伸ばした時の遊びが全くなかったんです。

関節が動かないなっていうのが、この関節の遊びを作ってあげて動くようにすると関節を伸ばした時の遊びも一緒にさらに回復してくるんですね。

すると階段を上り下りしていた時の痛みというのが、関節の動かなかった所が動くことによって、ストレスがかからなくなります。結果、階段の上り下りによる膝の痛みが改善したという例があります。

なのでいろんな筋肉を触っていても変化が出ない時にしっかり関節の状態をチェックして調整してあげると痛みが取れることがあります。
そういった施術や方法というのを聞いたことがなかったりなど、膝の痛みで困られている方の膝が良くなる参考になればと思い本日はお話しさせていただきました。

今日はここまでで終わりたいと思います。
本日も動画をご覧いただきありがとうございます。

膝の痛みでお困りの方はこちらのページへ

ここからトップページへ

Copyright © 2014 安城の大久保整体院 All Rights Reserved.

上へ戻る

24時間受付
1分簡単ネット予約
電話で予約する
0566-93-3983