ヘルニアによる手足の痺れ・痛みの改善専門の整体

ぎっくり腰を再発させない方法

本日のテーマは

ぎっくり腰を再発させない方法


と言うことについてお話していきます。

ギックリ腰の経験がある方は
1度や2度だけでなく過去に何度もギックリ腰をやっていたり
年に数回など定期的にギックリ腰が起っている方も中にはいます。

いわゆる骨格的な歪みの問題がある方もいれば
そうではない形で腰に負担がかかっている方もいるんです。

そういった方の話を聞くと
次にいつグキッと痛みが来るのか
不安に怯えながら抱えながら生活をしているので
ストレスが溜まるそうです。

出来れば慢性的な痛みやギックリ腰なんて
早くおさらばしたいのはやまやまですよね。

何度も再発する腰痛やぎっくり腰を予防したい方は
こちらの動画をチェック!
↓↓

ここからは動画ではなく、文章で読みたい方のために。
↓動画の概要を文字起こししたものを掲載します。

大久保整体院の大久保です。
本日も動画をご覧いただきありがとうございます。

今日はぎっくり腰を再発させない方法をお話をしたいと思います。
今まで、腰痛やぎっくり腰がこういう原因でおこってしまうだとか、
こんな所に問題がありますよというお話していました。

今日は、ちょっと違う視点からお話をしたいと思います。
腰痛とか、ぎっくり腰が再発をする方の1つの特徴として、
お腹が固くて、伸びにくい方というのがあります。

ぎっくり腰は内臓の状態も関係する

お酒をよく飲んだりや暴飲暴食などの食べ過ぎなどは、内蔵に負担がかかっているのです。
内蔵が働きすぎて萎縮して固くなったりとか、ストレスがかかった状態になると、
内臓系の膜などの組織が、伸びにくくなるのです。

そういった状態だと、他の人と同じような動きをしていても
お腹が硬い方のが腰にかかる負担というのは大きくなっています。

そして、その影響は体の他の部分にも影響があります。
内蔵の中の一つに横隔膜というものがあります。


↑横隔膜はこんなところにあります。

暴飲暴食などは腎臓にも負担がかかりますが、
腎臓は大腰筋という筋肉と繋がりがあり、さらに大腰筋は横隔膜と繋がっているのです。
そして、横隔膜の膜というのは胸の胸膜を介して、
首の前側の筋肉につながっていきます。

ぎっくり腰と横隔膜の関係

横隔膜は上半身・下半身と連動してつながりがあるので、
そういったところに伸びの悪さがあると結局腰を痛めるだとかぎっくり腰が再発しやすくなります。

なので、そういった場合は問題のある部位の調整をした方が良いのです。
そして暴飲暴食を減らした方が毎日少しずつ体にかかっているストレス緩和されることに繋がります。
そういった所も参考にしていただけるといいかと思います。

本日はここまでで終わりたいと思います。
今日もブログをご覧いただきありがとうございました。

ぎっくり腰でお困りの方はこちらのページへ


ここからトップページへ

 

Copyright © 2014 安城の大久保整体院 All Rights Reserved.

上へ戻る

24時間受付
1分簡単ネット予約
電話で予約する
0566-93-3983
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。