ヘルニアによる手足の痺れ・痛みの改善専門の整体

腰痛で困ることの多い椎間板ヘルニアとは何か?

椎間板ヘルニアとはどんな病気か?

背骨はいくつもの椎骨がつながって出来ています。椎骨同士の間には、背骨の衝撃を吸収するクッションの役割を果たす椎間板という軟骨がはさまっています。この椎間板が椎骨の間から後方にはみ出すことを「椎間板ヘルニア」と呼びます。

はみ出した椎間板は、時として背骨の内部を通る馬尾・神経根と呼ばれる神経を圧迫することがあり、この時に痛みや痺れを感じる。※これはあくまで一般論で実際にはヘルニアが出ていても痛みを感じない場合もあり、必ずしも画像上でヘルニアが出ているから、痛みや痺れの原因となるわけではない。

じつは椎間板は20歳から老化が始まる

椎間板は木の年輪のような作りになっており、中心部はゼリー状で髄核と呼ばれ、その周囲を線維輪と呼ばれるコラーゲンなどで出来た組織が取り囲んでいます。

椎間板は加齢とともに徐々に弾力性を失っていきます。椎間板の髄核に含まれている水分は20歳ごろから、線維輪の水分も30歳ごろから失われていくためです。

仕事で同じ姿勢を続けるなどして椎間板に無理な力が加わると、老化した線維輪が押しつぶされて外に出たり、亀裂が出来て中の髄核が腰部の脊柱管に飛び出すことがあります。

椎間板ヘルニアはいろいろな場所で起こる

椎間板ヘルニアは背骨のあらゆる場所に起こる可能性がありますが、多いのは腰の位置(腰椎)と首の位置(頚椎)の椎間板ヘルニアですが、ここでは腰の椎間板ヘルニアを取り上げます。

腰の骨は5つの椎骨から構成されており、その間にそれぞれ椎間板が挟まれています。第4腰椎と第5腰椎に挟まれている椎間板と、第5腰椎と仙骨に挟まれている椎間板がもっともヘルニアを起こしやすく、90%以上の方はこれに該当します。

椎間板ヘルニアの2つのタイプ

椎間板ヘルニアは一般に、脊髄から枝分かれしている太い神経の根元(神経根)が圧迫されることによって発症します。神経根の圧迫のされ方によってヘルニアは2つのタイプに大別することが出来ます。

第1はヘルニアが神経根を圧迫して脊柱管の後方に押しやるタイプで、「神経根圧排型」と呼ばれます。
第2は、ヘルニアだけでなく、脊柱管や靭帯などが神経根の前後をはさみ込むもので、このようなヘルニアは「神経根絞扼型」と言う名がついています。

圧排型と絞扼型のどちらになるかは、突出したヘルニアの大きさ、脊髄を通す脊椎の脊柱管の広さ、ヘルニアの形状などによって決まります。

椎間板ヘルニアの神経根圧排型

神経根が椎間板ヘルニアに圧迫され、後方に移動しています。脊柱管の内側の骨や黄色靭帯は厚くなっておらず、脊柱管は狭くなっていません。

椎間板ヘルニアの神経根絞扼型

腰の脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアが合併したものです。
脊柱管の骨や黄色靭帯が厚くなり、脊柱管と椎間孔(神経根が脊椎から出て行く穴)が狭くなって脊柱管狭窄症になっているところに椎間板が脱出し、ヘルニアとなります。その結果、神経根は脱出した椎間板だけでなく肥厚した脊柱管の骨や靭帯にも締め付けられる形(絞扼)になります。

上体を前にかがめても後ろにそらせても足が痛みます。神経根絞扼型の症状は一般に重症度の等級が高く、圧排型よりも体の動きが不自由になります。保存療法で待っているだけでは改善されないことが多く、手術が必要になることも少なくありません。手術の場合は狭くなった脊柱管を広げ、飛び出した椎間板ヘルニアを切除します。(※手術を行ったからといって、痛みや痺れがなくなるという保証があるわけではありません)

椎間板ヘルニアとは何か?のまとめ

・椎間板の中身が椎間板の後方にはみ出すことを「椎間板ヘルニア」と呼ぶ。

・必ずしも画像上でヘルニアが出ているから、痛みや痺れの原因となるわけではない。

・椎間板の髄核に含まれている水分は20歳ごろから、線維輪の水分も30歳ごろから徐々に失われていく。

・腰の4番と5番に挟まれている椎間板と、腰の5番と仙骨に挟まれている椎間板が特にヘルニアを起こしやすく、90%以上の方はこれに該当する。

・ヘルニアには「神経根圧排型」と「神経根絞扼型」がある。

トップページへ戻る

Copyright © 2014 安城の大久保整体院 All Rights Reserved.

上へ戻る

24時間受付
1分簡単ネット予約
電話で予約する
0566-93-3983
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。