ヘルニアによる手足の痺れ・痛みの改善専門の整体

もみほぐして腰痛が加速する話

本日のテーマは

マッサージで腰痛になった?!


と言うお話しです。

 

楽になりたくてマッサージを受けたけど、
逆に悪化するというやつですね。

腰が硬くなったり
痛くなったりする時があると思いますが、
なんでもかんでも硬い所をほぐしたり
伸ばしたりして柔らかくすればいいという
訳ではないんですね。

全体とのバランスが重要なんです。

あなたはただほぐすだけの施術を受けているのか?
なんらかの意図を持った調整を施されているのか?
なぜ痛みが出る時があるのか知りたい方は
動画をチェック。
↓↓

ここからは動画ではなく、文章で読みたい方のために。
↓動画の概要を文字起こししたものを掲載します。


大久保整体の大久保です。

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

マッサージで腰が痛くなる?

今日は腰痛の中でもたまーにお電話をいただくのが、もみほぐしのマッサージを受けたんですけど、
それから腰が痛くって動けなくなってしまった。

そういうきっかけで来られる方がいます。
やっぱり気になるのが、なんでそうなってしまったのか?というのをみなさん聞きたいんですよね。
他にもそういった疑問をお持ちの方がいるかと思ったので、そこについてお話をしたいと思います。

多くの人が経験があると思いますが、腰が痛い時は痛みが気になる場所ってありますよね?
聞いたことがある話かもしれないんですけど、多くの場合痛みのあるその場所に原因はないとか聞いたことがあるかなと思うんです。

もちろん痛みのある場所を触ってもいい場合もあります。
そして施術をする側の人も全体のバランスを見て患部を触ったり触らなかったりだとか、さじ加減する場合もあるでしょう。

痛みに困って来られたお客さんがここがすごい痛くてと訴えられた場合に、とりあえずそこを重点的にほぐすのか。もしくはストレッチで伸ばすのか。それとも全然違う選択をするのか。
こういった施術の進め方というのは、施術者の方の知識だとか考え方だとかによって色々変わってくるんです。

腰痛で体が硬くなっているのには訳がある…

そうした時にそこが痛いと訴えられる所というのが、体を支えるためにあえて緊張してバランスをなんとか保っていたりすることがあるんです、これをマッスルガードと言います。
こういった体を緊張させてなんとか支えている場所を施術されて緩んだりすると、そこに力が入らなくなってバランスがとれなくなります。
そして、動いちゃいけない関節が動きすぎてさらに炎症が強まってしまうと、場合によっては動けなくなってしまったり痛い動作が増えたりだとかします。
来院された方のコンディションによっては、そういった事も起こり得ることを知っておいてもらえるといいかと思います。

腰痛の改善が目的なら専門にしている所へ

あなたが施術を受けたいと思った時の目的は何でしょうか?
気持ちよくなることが目的なのか、もしくはどこかが痛くてお仕事や生活に支障があってそれを何とかしたいから施術をうけたいのか。
提供される施術の目的というのが、あなたの求めている施術と方向があっていないとおかしなことになってしまいます。
なので、痛みが何かあってそれをどうにかしたいのであれば、
改善を専門にしたところに行った方が良いという事です。

このお話が参考になる方がいれば嬉しいです。
本日も動画をご覧いただきましてありがとうございます。

 

腰痛でお困りの方はこちらのページへ


ここからトップページへ

 

Copyright © 2014 安城の大久保整体院 All Rights Reserved.

上へ戻る

24時間受付
1分簡単ネット予約
電話で予約する
0566-93-3983