ヘルニアによる手足の痺れ・痛みの改善専門の整体

整形外科医が言わない椎間板ヘルニアの裏常識 その2

整形外科医が言わない椎間板ヘルニアの裏常識 その2

大久保整体院の大久保です。

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

今日はお話するのは
椎間板ヘルニアの方なら
言われた経験がある方もいるかもしれない。

「椎間板が潰れてますね~」
というテーマについてお話したいと思います。

なぜこの話しをするのかと言うと、
仮に椎間板が潰れてても、
もしくはレントゲンやMRIでヘルニアが出ていても、
それが腰痛や座骨神経痛の症状と直結する訳ではないからです。

「潰れてるんだから、そりゃ腰痛にもなるでしょ?」
いえ、あなたが抱えている
その辛いヘルニアによる痛みや痺れが
必ずしも椎間板が潰れている事と関係あるとは言えません。

椎間板というのは
加齢に応じてみんな潰れて行きます。

例外はありません。
みんな年と共に椎間板は潰れていくんです。

椎間板というのは10代や20代などの
若いときは弾力性がありプニュプニュしている。
そんなイメージです。

それが20歳くらいから

40歳くらいまでにかけて徐々に

椎間板に含まれている水分が抜けていって

徐々に椎間板自体の弾力性が落ちてきます。

イメージするなら干し柿みたいな感じと言ったら分かりやすいでしょうか。
だからみんな例外なく椎間板は、
多かれ少なかれ潰れていくんですね。

でも、あなたが
整形外科に行く時はどんな時ですか?
きっと腰が痛い時ではないでしょうか?

実は、ここに問題があります。

腰が痛くてレントゲンを撮られ、
椎間板が潰れていると言われると、
「あぁ、椎間板が潰れてるから痛いのか。」
と思わず納得してしまいます。

ですが、あなたの椎間板は腰が痛くなる前、
何年も前からとっくに椎間板は潰れている可能性大なのです。

椎間板が潰れていても普通に生活できていた所に、
さらに育児や家事などで体への負担が大きくなる。
仕事の中で反復する同じ動作の繰り返しなどや
デスクワークによる座りすぎなどが、
原因となり筋肉の行き過ぎた緊張や続くと
やがて関節の動きが悪くなってしまいます。

結果的にそのストレスに対して体が耐えきれなくなると
腰痛やお尻が痛くなったりする1つの原因になり、
ひどいと痺れまで出てきたりする事もあります。

でも病院には痛くなった時しか行かないので
そこで、もっともそうな理由を言われると
「そっか~」となってしまいます。

多くの方が椎間板が潰れていると言われていても、
実際に体のチェックを行うと、
それが痛みの原因ではなかったりするので
ヘルニアと言われていても改善する腰痛はたくさんあります。

もし、あなたが病院に通われていて
シップや痛み止めに注射、
そして電気やリハビリでも良くならない。

自分は椎間板が潰れているから腰が痛かったり、
痺れがあるのは仕方ない。
と思っているのであれば、
それは大きな勘違いの可能性がある事に気づいてください。

あなたは、
今までの苦労して色々試行錯誤してきたかもしれません。
ですが、その結果が今のあなたの状態です。
今のやり方を続けていても今の状態が続くだけです。

ハッキリ言います。
もし今まであなたが
今日お話したような事を知らなかったのであれば、
あなたの腰痛が改善する可能性はあるのです。

正しく、正確に体をチェックしてもらった事は、
きっとないのだと思います。
このブログが気づくきっかけになれば幸いです。

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

腰痛やヘルニアでお困りの方はこちらのページへ

Copyright © 2014 安城の大久保整体院 All Rights Reserved.

上へ戻る

24時間受付
1分簡単ネット予約
電話で予約する
0566-93-3983
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。