ヘルニアによる手足の痺れ・痛みの改善専門の整体

太ももの前側の痛みや痺れの原因

本日のテーマは

太ももの前側の痛みや痺れの原因


と言うお話しです。

当院には痛みや痺れで困っている患者さんが多いのですが、
たまに来院されるのがこの太ももの前側の痛みや
痺れによる症状でお困りの方です。

太ももの付け根の前面には
静脈・動脈・神経・リンパなどが通っているので
この部分に圧迫や絞めつけなどが
起こることによって色々な症状が出ます。

今回の動画ではその辺りのことについて
詳しく話しているので続きは動画でこちらから
↓↓

ここからは動画ではなく、文章で読みたい方のために。
↓動画を大まかに文字起こししたものを掲載します。

太ももの前側の痛みや痺れはなぜ起こる?

大久保整体院の大久保です。
本日も動画をご覧いただきありがとうございます。

今日は太ももの前側に出る痛みやしびれについてお話をしたいと思います。


↑まずは股関節に位置からおさらいです。
このような感じで骨盤に大腿骨がはまって股関節が形成されます。

太ももの前側の痛みを画像で詳しく解説

モモの前側というと大体がモモの付け根のあたりが痛い方だとか、モモの前側とかに痛みとか痺れとかが出る方という方が多いです。

そうした時に、どんな原因があるのかというお話しをします。
モモの前側には、ちょうど付け根のところを通る大腿神経っていう神経があります。

この神経が周りの組織から圧迫を受けることによって、モモの前側に痺れを感じたりすることがあります。よく痺れというと一般的にメジャーなのは坐骨神経痛のイメージがありますが、そうとは限らないので注意が必要です。

坐骨神経痛は骨盤のお尻の側から足の裏にかけて伸びるものなので、モモの前面から出る痺れは大腿神経の影響というパターンが多いです。基本的にモモの正面から出るというのはこの大腿神経なので、ここの神経をリリースしてあげて圧迫であったり、締め付けを解放してあげるとモモの正面から出る痺れ感というのは徐々に解放されていきます。

太ももの前側の痛みは筋肉の可能性も

他にここの股関節の付け根で痛さがあったりする場合だと、ここの付け根を通る筋肉の問題もありえます。


モモの付け根の股関節についている骨というのは、人によっては骨頭という大腿骨の先端部分が捻れを伴って押し出されている状態の方がいます。そういった方の股関節の付け根を上からそっと触ると、ぽこっと出てきていたりするんですね。

太ももの前側の痛みは下半身のバランスの悪さも関係する

上記のような方というのは、立っている時に股関節がしっかりうまく体を支えることができていません。
そのようなストレスが股関節の付け根に長い年月を掛かったいると、だんだんここの付け根に痛さだとか重だるさだとかを出したりすることがあります。

そういった場合は股関節の大腿骨に対して骨格の調整を行います。そうすると痛みが徐々に取れてくるので、もしモモの前側の痛みや痺れでお困りの方がいれば、そういった調整方法も世の中にはあります。

もし、そういった調整を受けたことがない方は、調整を受けることによって改善する可能性もあるので、一つの参考にしてもらえればと思います。

では本日はここまでにしたいと思います。
本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

坐骨神経痛でお困りの方はこちらのページへ

ここからトップページへ

Copyright © 2014 安城の大久保整体院 All Rights Reserved.

上へ戻る

24時間受付
1分簡単ネット予約
電話で予約する
0566-93-3983