ヘルニアによる手足の痺れ・痛みの改善専門の整体

坐骨神経痛がストレッチでは治らない原因

本日のテーマは

坐骨神経痛がストレッチでは治らない原因


と言うことについてお話していきます。

坐骨神経痛であなたはどのように対処していますか?

マッサージ?
電気?
リハビリ?
針?
整体?
それともストレッチ

それで改善してきていますか?

私の所には上記にあげた方法を
頑張って試しても改善されていない方が
たくさんいらっしゃってますよ。

間違った努力をしても報われないのが現実なんです。
失敗したくない人はこちらの動画をチェック!
↓↓

ここからは動画ではなく、文章で読みたい方のために。
↓動画の概要を文字起こししたものを掲載します。

大久保整体院の大久保です。
本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

今日お話したいのは坐骨神経痛で、
ご自身で検索して情報を探されてストレッチをしてみたり、
なんとか痺れとか坐骨神経痛の痛みがどうにかならないかな、
と思っている方がいると思いますので、
そういった方に向けてストレッチをやっていても
なかなか治らない理由というのを今日はお伝えしたいと思います。

坐骨神経痛は必ずストレッチで治る?

ネットや本で坐骨神経痛について調べると、
坐骨神経痛でストレッチをやるパターンで多いのは、
梨状筋のストレッチというのがすごく多かったんじゃないでしょうか?

実際にストレッチをやられた方も多いと思うんですけど、
わからない方もいるかもしれないので少し説明しますね。


1、梨状筋というのは画像で青色で囲んでいる筋肉が梨状筋になります。

2、そして坐骨神経というのが梨状筋という筋肉の下から出ているのがわかります。

3、緑の丸の部分がちょうど坐骨神経を上から押さえつけるような感じになるのです。

なので、一般的にはこの坐骨神経を圧迫する梨状筋を伸ばして、
神経の圧迫を開放してあげようというのがあるんです。

ですが、そのつもりでストレッチをかけるんですけど、
実際にはストレッチをかけても緊張を取りきれずに
筋肉の部分的な硬さが残ってしまう事があるのです。

ストレッチで坐骨神経痛が治らない原因

筋肉には、法則があります。
どんな法則かっていうと、まずは柔らかいところから筋肉は伸びていくんです。
で、その柔らかいところが伸びた後に
硬い所が伸びてくる、このような順序があります。

そういった理由でストレッチを筋肉に行っても
しこりのような筋肉の緊張は取りきれなかったりする場合があるのです。

そして、それこそが
セルフケアでやれるストレッチでは限界があるという事なのです。

なので、ストレッチをやっても、効果が出ないと思われてる方は
上記のようなストレッチが上手くかからない場合や、
もしくはそもそも梨状筋の問題で坐骨神経痛が出ている訳ではないかもしれません。
梨状筋だけが、坐骨神経痛の問題を起こすとは限らないのです。

他のところからの影響で、負担がかかる状態というのがあれば、
いくら梨状筋を伸ばしても状況が変わらないことはあり得ます。

坐骨神経痛でお悩みの方は
そういったところも参考にしていただけるといいかと思います。

今日はここまでで終わります。
本日もブログをご覧いただきありがとうございました。

PS.
今回お話ししたような場合でも、
当院で行う調整法はその部分的な硬さをピンポイントで捉えて、
調整をかけるので問題なく解決できます。

坐骨神経痛でお困りの方はこちらのページへ


ここからトップページへ

Copyright © 2014 安城の大久保整体院 All Rights Reserved.

上へ戻る

24時間受付
1分簡単ネット予約
電話で予約する
0566-93-3983
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。