ヘルニアによる手足の痺れ・痛みの改善専門の整体

曲がらない膝の原因はここにある

本日のテーマは

曲がらない膝の原因はここにある


と言うことについてお話していきます。

膝が曲がらないと日常的に困る場面に
多く遭遇するかと思いますが、
なぜ曲がらないんでしょう?

膝の軟骨が擦り減っているから?
年だからしょうがない?

いやいや
そんな事を言われてきた人をたくさん見て来ましたが
見るポイントが違うんですね。

あなたはこんなポイントも考慮してみてもらっていますか?

膝が曲がらなくて困っている方は動画をチェック。

↓↓

ここからは動画ではなく、文章で読みたい方のために。
↓動画の概要を文字起こししたものを掲載します。

大久保整体院の大久保です。
本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

今日は膝が曲げにくくて困っている方について
お話をしたいと思います。

膝の動きとお皿の関係

膝が曲げれない方は、どんな状態にあるのでしょうか。
人によってはお皿の上が痛い。
またはお皿の下のあたりが痛い。
など、お皿の動きが悪くなっている方がいます。

一見正常に見れる膝でも
お皿の位置が微妙に下がっている事によって、
お皿がスムーズに移動できなくなった結果が
膝が曲げにくい状態なのです。

膝の関節が曲がっていく時は
お皿が適切な位置にいないと曲がる事ができません。

お皿の裏側は、そろばんの玉みたいな感じになっていて、
画像のような感じで膝の関節には、
お皿がはまるための溝があります。

お皿は膝周りの筋肉とか組織のテンションによって、
外に引っ張られたり内側に引っ張られたりとかして
周りの組織の状態に影響を受けます。

お皿の位置が正常な位置からズレると…

その中でも、お皿の位置が上下に
微妙にずれる事があるのです。

このお皿が、ちょっと下がったような位置にいると、
膝を曲げていく時のメカニズムにズレが生じてしまい、
膝が曲がらない原因の一つとなってしまいます。

このような場合、
お皿の動きの固くなっている所を
しっかり調整を行い組織の緊張を開放することで、
膝が曲がるようになってきます。

膝が曲がらない原因はそれだけではないのですが、
お皿が原因となって問題が起こっている場合は、
お皿のアプローチで改善が可能です。

必ずしも膝が曲がらないのは治らない訳ではありません。
改善する可能性を秘めているので、
そういったところを知っていただけると
今後の改善のヒントになるのかと思います。

今日はここまでで終わりたいと思います。
本日もブログをご覧いただきありがとうございます。


膝の痛みでお困りの方はこちらのページへ


ここからトップページへ

Copyright © 2014 安城の大久保整体院 All Rights Reserved.

上へ戻る

24時間受付
1分簡単ネット予約
電話で予約する
0566-93-3983
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。