ヘルニアによる手足の痺れ・痛みの改善専門の整体

仙腸関節による腰痛の原因はこうして起こる

今日のテーマは腰痛でも多いパターンの
仙腸関節という部分の問題についてです。

仙腸関節による腰痛の原因はこうして起こる


と言うお話です。
骨盤の中でも問題の起こりやすい部分で
なぜ痛みが出てしまうのか?
について分かりやすく解説しています。


ここからは動画ではなく、文章で読みたい方のために。
↓動画の概要を文字起こししたものを掲載します。

大久保整体院の大久保です。
本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

今日は、腰痛の中でも仙腸関節と言われる部分の
腰痛についてお話をしていきたいと思います。

仙腸関節は上半身と下半身を繋げている

仙腸関節というのは、
わからない方もいると思うので下記の図で説明します。

骨盤は左右の腸骨と
真ん中に仙骨という骨で構成されています。
そして、丸で囲った部分が仙腸関節です。

仙腸関節のせいで腰痛になる?

仙腸関節という部分が1〜2ミリくらい
ほんのわずかながら動くと言われており、
ここの動きが、悪くて痛い場合や
もしくはここの動きが、無理に動かされすぎてしまって、
炎症がおきて痛みが出るというパターンがあるのです。

なので、この箇所が痛い場合、
痛みが出てしまうような問題を体に抱えている事がわかります。
多くの場合、うまく重心が伝わらない状態のせいで
痛みが出てる場合が高いです。

仙腸関節は常に負担にさらされている

上半身の重さというのは骨盤の仙骨という骨でまず受け止め、
その仙骨から仙腸関節を経由し左右に重心が別れます。

上半身の重さが仙腸関節を伝って下半身に行くので、
まずは仙腸関節がしっかり重心を受け止めれる状態に
なっているかどうかというのがすごく重要です。

この時に仙腸関節の関節面の当たり方や
動きが悪いとそこで関節に負担がかかってしまうのです。

なので、仙腸関節で腰が痛い場合は、
そのための調整というのがあるので、
そういった専門的な施術が行える所で
施術を受けられることをお勧めします。

本日はここまでで終わりたいと思います。
本日もブログを観ていただき、ありがとうございました。

腰痛でお困りの方はこちらのページへ

Copyright © 2014 安城の大久保整体院 All Rights Reserved.

上へ戻る

24時間受付
1分簡単ネット予約
電話で予約する
0566-93-3983
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。