ヘルニアによる手足の痺れ・痛みの改善専門の整体

頚椎ヘルニアで腕のシビレに悩むあなたへ

本日のテーマは

頚椎ヘルニアで腕のシビレに悩むあなたへ


と言うお話しです。

頚椎ヘルニアで困っている多くの人が
そうなのかもしれませんが、
MRIを撮って画像にヘルニアが出ているのを見て
これが腕のシビレの原因だよ。

と言われてしまうと
じゃあこの痛みはもうずっとこのままなの?
このシビレともずっと付き合って
行かなきゃいけないの?
とガックリきてしまうみたいです。

それはそうですよね。
最初はちょっと首痛いなとか
なんか気になるな〜程度のことが、
段々調子悪くなってきて
気づけばヘルニアだなんて…
もっと早くなんとかしておけば
って思ってもおかしくありません。

でもね、
まだガックリするには
早いかもしれません。

世の中には腰でも首でも
いろんな調整法というのがあるんです。

で、調整法と同じくらい大切なのはチェックの方法。

気になる
チェック方法はこちらの動画をチェック。
↓↓

ここからは動画ではなく、文章で読みたい方のために。
↓動画の概要を文字起こししたものを掲載します。

大久保整体院の大久保です。
本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

今日は頚椎ヘルニアについてお話しをしたいと思います。
以前に、頚椎ヘルニアと診断された患者さんがいらっしゃいました。

その方は右腕に痺れが出てお困りになられていて、
具体的には上を向くと痺れが強くなってしまうという感じで、
生活に支障が出ているということでした。

MRIで頚椎ヘルニアだと治らない?

その方がやっぱり言われていたのが、
MRIを撮られて頚椎ヘルニアという状態だったから
これはもう治らないんじゃないか?
と思われていたそうなんですね。

そう思われていたけど、やっぱりなんとかしたい。
というのがあって色々探してたまたま当院に来ていただけたようです。

では僕のところでやったことというのをお話しさせて頂きます。

まず首の神経にどんな問題があるのかをチェックするために、
打腱器という物を使い腕とかの反射をチェックしていくと
やっぱり首の方で問題が出ているというのが分かりました。
器具を使うことによって、神経の問題が出ているというのがわかるんです。

頚椎ヘルニアと言われも改善する例もある

こういった腱とかの反射というのを打腱器というので叩くと、
通常よりも反応が強く出すぎていたので、やっぱりおかしい状態があるんだなというのが分かります。
そしていろんな体勢で腱の反射をチェックすることによって、
どのように問題が出ているのかだんだんと分かってきます。

こういった細かい検査を行うと体の中の神経状況がチェックできるので、
それを元にこういう方向に調整をしていくと首のストレスが和らぐだとか
逆にストレスが強くなるというのを特定していきます。

調整するべき状況を特定して調整していくと痺れは少しずつ改善していき、
3回程度施術する頃にはもう痺れが出なくなっていたという方が実際にいらっしゃいました。

全部の人がそんだけスルスルっていくかというと
そうではない方っていうのももちろんいます。

今回行った反射というのをチェックすればみんなが同じように出るわけではありません。
人によって例えば首の筋肉で腕がしびれるだとか、他の場所の原因で痺れが出たり
神経が引っかかる場所だとかもあるので、実際にはパターンは様々です。

ただ頚椎ヘルニアと診断されても改善する例というのが、実際にあるのです。

もし頚椎ヘルニアで悩んでいる方がいたら、
そう言った専門的な調整を受けていないのであれば改善する可能性がまだあります。
そういった情報も知っていただけるといいかなと思い今回はお話をさせていただきました。

もし、現在悩まれていて一歩踏み出せない場合は
いろんな可能性を試してみるのもいいんじゃないかなと思います。

本日も動画をご覧いただきありがとうございます。

頚椎ヘルニアでお困りの方はこちらのページへ


ここからトップページへ

Copyright © 2014 安城の大久保整体院 All Rights Reserved.

上へ戻る

24時間受付
1分簡単ネット予約
電話で予約する
0566-93-3983