ヘルニアによる手足の痺れ・痛みの改善専門の整体

椎間板ヘルニアでブロック注射が効かないあなたへ

ヘルニアなどで使われるブロック注射の基礎知識

整形外科では強い痛みを訴えられる時にブロック注射を用いられることがあります。これは、何をしているのかというと痛みを伝える神経の経路をブロックする、すなわち遮断する方法です。
体のどこかが傷つくと私たちはすぐに痛みを感じます。これは、傷ついた場所にある神経から刺激の情報が脳に送られるためです。

ヘルニアの痛みはどんな仕組みで遮断されるのか

刺激の情報は、まず末梢神経の末端部(侵害受容器)で受け取られ、神経から背骨の中を通る脊髄を通り、そして大脳ではじめて刺激の情報が痛みと解釈されます。
この事実は、私たちは痛みを脳で感じているということです。刺激の信号が脳に達しなければ、体がどれほど傷ついていても痛みを認識しないのです。

神経ブロックには2つの方法がある

神経ブロックには主に2つの方法があり、一つは麻酔薬や鎮痛薬を神経または神経の周囲に注射器で注入して一時的に神経を麻痺させる方法です。もう一つは神経をアルコールなどで破壊して痛みの信号が流れないようにする方法です。腰痛などに対しては前者の麻酔薬を用いる方法が一般的です。

神経ブロックの効果はいかに?

麻酔薬の効果は一時的ですが、1〜2週間に1回程度を繰り返して行うことで、麻酔が聞いていない時間帯の痛みも徐々に軽くなっていくとされていますが、実際には個人差が大きく痛みの緩和が1日しか持たないと言う場合もあります。その理由は神経ブロックを行っても、麻痺させた神経の支配領域に痛みの原因がなければ痛みはおさまらないのです。

<ヘルニアでブロック注射が効かない時のまとめ>

・ブロック注射は痛みを伝える神経の経路を遮断する手段のこと。

・痛みの信号は、痛みの発信源の神経から背骨の中の脊髄を通り、大脳に届くことによって脳が痛みを認識する。

・痛みの信号が脳に達しなければ、体がどれほど傷ついていても人は痛みを認識しない。

神経ブロックを行っても、麻痺させた神経の支配領域に痛みの原因がなければ痛みはおさまらない

・ブロック療法には複数の種類があり、適切と思われる選択が適用される。

ヘルニアなどで行われるブロック療法の種類と禁忌

神経ブロック療法の対象になるのは、非ステロイド系の消炎鎮痛薬を使用しても痛みが十分におさまらない方です。
しかし、体の一部が麻痺している、排尿や排便に問題がある、出血している、免疫が低下している(感染症の危険がある)場合などはブロック療法は適用されません。そして、ブロック療法には硬膜外ブロック・神経根ブロック・トリガーポイントブロック・関節ブロック・末梢神経ブロックなどの種類があります。ここでは、それぞれの特徴をお話ししていきたいと思います。

ブロック注射その1 硬膜外ブロック

脊髄や脳の周りは髄液と呼ばれる液体で満たされており、それらの周囲を硬膜と呼ばれる膜がしっかりと包んでいます。硬膜外ブロックは、脊髄を包む硬膜の外側の空間(硬膜外腔)に麻酔薬を注入します。椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症(主な症状が足のしびれや痛みの場合)、頚椎症などの方に対して用いられます。

ブロック注射その2 神経根ブロック

精髄からは神経が何本も枝分かれしています。この枝分かれした直後の部分は神経根と呼ばれます。お腹が側に向かう神経根(前根)は体の運動を制御し、背中側に向かう神経根(後根)は感覚情報を伝えています。神経ブロックを行うには、痛みを感じている部分の神経根(後根)に麻酔薬を直接注入するか、神経根の周りに注入します。特定の神経根の正確な位置に注入しなくてはならないので、X線の透視画像を確認しながらブロックを行います。

このブロックは、痛みの領域が限定されているか硬膜外ブロックで効果がない時に用いられます。どこから痛みが発しているのかわからない時や医師が診断のために行うこともあります。

ブロック注射その3 トリガーポイント・ブロック

体のある1カ所を指などで押すと、急に痛みが広がることがあります。これをトリガーポイントと呼びます。トリガーポイントは硬くなっている場所にあることが多く、痛みを感じる領域にある場合もありますが、痛みを感じていない場所にあることもあります。
トリガーポイント・ブロックは、痛みを引き起こす起点となるトリガーポイントに薬剤を注入する方法です。

ブロック注射その4 関節ブロック

関節内に麻酔薬を注入する方法です。背骨を作っている椎骨が上または下の椎骨とつながる関節に薬を注入する椎間板ブロック、腰の仙骨と腸骨(骨盤の一部)の関節部に薬剤を注入する仙腸関節ブロックがあります。

ブロック注射その5 末梢神経ブロック(坐骨神経痛時など)

体の中を通る各部の神経のまわりに薬を注入します。首の痛みなどがある時に行われる腕神経叢ブロック、坐骨神経痛を対象とする坐骨神経ブロックなどがあります。

ブロック注射の注意点

神経ブロックは、まれに感染症や出血などを引き起こしたり、神経を傷つけたり、針によって組織に炎症を起こしたり、また硬膜外ブロックによって血圧が急低下するリスクが報告されています。

<ヘルニアなどでも行われるブロック注射の重要ポイント>

神経ブロックを行っても、麻痺させた神経の支配領域に痛みの原因がなければ痛みはおさまらない

・ブロック療法には複数の種類があり、それぞれ適切と思われる選択が適用される。

↓↓↓

椎間板ヘルニアでお困りの方はこちらのページへ

Copyright © 2014 安城の大久保整体院 All Rights Reserved.

上へ戻る

24時間受付
1分簡単ネット予約
電話で予約する
0566-93-3983
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。